<progress id="7bltp"></progress>

    <thead id="7bltp"><dl id="7bltp"></dl></thead>
    <progress id="7bltp"><menuitem id="7bltp"><ins id="7bltp"></ins></menuitem></progress>

      <sub id="7bltp"><menuitem id="7bltp"><ins id="7bltp"></ins></menuitem></sub>

        世界の「快適」のために
        いまウエノのテクノロジーができること

        自主創造技術と革新的な製造技術により、「より良い商品を、より安く安定的に」お客様にお屆けするために、ウエノは今日も世界に向かって大きな前進を続けています。

        基幹技術

        UENOプロセス

        コルベ?シュミット反応は芳香族ヒドロキシカルボン酸の合成法の一つで、芳香族ヒドロキシ化合物のアルカリ金屬塩に二酸化炭素を作用させてカルボキシル基を導入する反応です。

        コルベ?シュミット反応

        この反応が発見されて約100年後、上野隆三(先代社長)は反応機構を解明し、その知見を基に當社は芳香族ヒドロキシカルボン酸およびその誘導體の工業化に取り組みました。その結果、従來、気相/固相で行われていたコルベ?シュミット反応を気相/液相反応とすることにより、これらの化合物を連続的かつ効率的に生産することが可能となりました。これをUENOプロセスと呼び、當社における基幹技術となっています。

        UENO プロセス主要化合物

        このUENOプロセスから生まれる主力製品には、POB®、BON6®等があり、これらは日常の生活に欠くことのできない化粧品/醫薬品/食品/樹脂の添加剤、液晶ポリマーなどの原料として活用されています。

        *表中の「BON6®」「POB®」をクリックするとより詳細な誘導例をダウンロードしてご覧いただけます(PDF形式書類)

        原料から用途までのプロセス BON6® POB®

        コルベ?シュミット反応の可能性を追い求めて

        UENOプロセスは長年のたゆまぬ研究と製造ノウハウの蓄積によって他の追隨を許さない獨自技術となっています。
        その結果得られる製品群には、POB®、POB®のエステル類(パラベン等)に代表される化粧品、醫薬品、樹脂の添加剤、並びにエンジニアリングプラスチックである液晶ポリマー(LCP)の原料などがあります。
        これらは現在、市場においてお客様のニーズに応える製品として、広く御使用頂いておりますが、この成功によって私どもの挑戦が終わることはありません。
        暮らしに役立つ様々な製品に、欠かすことのできない化學薬品事業部の製品群。私どもはこれらの製品を安定して供給させて頂くとともに、品質や生産性の向上を常に心がけて社會に貢獻するにとどまらず、新しい商品、新しい用途を創り出すことを使命として、更に研究開発に邁進して參ります。
        コルベ?シュミット反応を礎としたUENOプロセス製品群の可能性を追い求めて、私どもの挑戦は盡きることはありません。

        UENO プロセス 「発明の森」
        宾馆嫖大龄熟妇露脸在线播放